So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

幻肢 [日記]


幻肢 (文春文庫)

幻肢 (文春文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: 文庫



島田荘司先生の初めて映画化された作品の原作です.

島田先生のファンでありながら「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」は
チェックしたものの、こちらの映像のほうは見落としていました.

現在は「幻肢」という作品でDVDで視聴可能なようです.

交通事故で記憶喪失に陥った女性が、自分の記憶を取り戻すために
TMSという治療を受けるというストーリーです.

TMS(Transcranial Magnetic Stimulation)とは経頭蓋磁気刺激という
磁気によって大脳を刺激して、大脳の神経活動性を変化させる装置です.

実際に医療現場でも精神科や脳外科、野尾卒中後遺症等に対して
TMS治療が行われています.

それはさておき、脳の特定の部位を刺激することによって
記憶までが蘇り、幻肢や幻が視えるという物語は魅力的です.

島田荘司先生流の医学ミステリーということですね.
安心してください、殺人事件は起こりませんし、読了後には
すっきりした気分になれます.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。