So-net無料ブログ作成
検索選択

愛着障害の克服 [日記]





職場や家庭でのストレスが大きい、仕事がつらい
家族との関係がぎくしゃくしている、職場での人間関係
日々心をすり減らしている、信じていた人に裏切られた...

とかくこの世は住みにくいものですが、心に傷をかかえたまま
それでも頑張るしかないのでしょうか.

外来を訪れる患者さんたちも、自身の病気治療だけでなく
それをとりまく人間関係や家族関係の悩みを多く抱えています.

病気で大変な状況になった時に、そうした家族関係や人間関係が
赤裸々に顔を出してきます.

傷ついた人間関係を修復し自分自身の人生をきちんと生きるための
キーワードがこの本で取り上げられている愛着障害です.

問題行動をとる人の中に、愛着障害が隠れているというのです.
読み進めていくと、とても現実にそったアプローチだと思えます.

愛着障害を克服し自らが安全基地となるための知恵
臨床の仕事に有益だと感じます.臨床にかかわるものは、まず
自らの愛着の問題を解決する必要があるようです.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学 [日記]





その昔、「毎日が日曜日」という作品がありましたが
今は、いつも本当に時間がない感じで、せかせかしてます.

逆にたまに時間がとれると、本当に良いのかと思ってしまったり.

この本は、そんな「時間がない」と感じるメカニズムは何なのか.
欠乏の行動経済学、心理学的考察が述べられています.

経済的な欠乏だけでなく、時間の欠乏や様々な欠乏が語られます.

・いつも時間に追われて思うように物事が片づかない
・それなりの収入はあるのに、借金を重ねてしまう
ダイエットに取り組むが、長続きしない.などなど

欠乏による失敗は、ほとんどの場合、個人の資質の問題や能力不足と
考えられて処理されてしまいます.

欠乏行動経済学的考察によれば、個人の資質ではなく、欠乏が引き起こす
人や組織の処理能力や判断能力への影響が問題なんです.

どうすればうまく行くか、欠乏から来る影響を最小限に抑えて
個人や組織の処理能力を上げられるか.この書にヒントがあります.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生命科学の静かなる革命





ベストセラーとなった「生物と無生物のあいだ」の著者
福岡伸一先生の次の新刊本です.

多くのノーベル賞受賞者を輩出してきたロックフェラー大学
生命化学研究がどのように進められていったか.

かつて同校で仕事をした著者が振り返ります.
ワトソンクリックの二重らせんにも匹敵する偉大な
パラダイムシフトとなった重要な研究についても紹介されます.

生命科学の研究者5人との対談も収録され、ロックフェラー大学で
綿々と受け継がれている生命科学の伝統と神髄を知ることで
これからの生命科学の進むべき道をわかりやすく解説されています.

大学時代に初めて生命科学に触れた時の静かなる感動を
今一度思い出せる良書です.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

光秀の定理 [日記]


光秀の定理 (角川文庫)

光秀の定理 (角川文庫)




明智光秀はなぜ本能寺の変で信長を討ったのか.
今だ真実は闇の中、歴史の大いなる謎です.

名だたる信長の家臣団の中で木下藤吉郎(秀吉)と並び
光秀は、瞬く間に出世の階段を駆け登りつめながらも
なぜ信長と前後して滅びてしまったのか.

「最も強き者、最も賢い者が生き残るわけではない.
 唯一生き残る者、それは、変化出来るものであろう」」

これまで語られることの無かった織田信長に仕える前の
光秀の姿が生き生きと描かれ光秀の魅力を感じます.

いつか映像化して欲しい一冊です.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誇大自己症候群 [日記]


誇大自己症候群 あなたを脅かす暴君の正体 (朝日文庫)

誇大自己症候群 あなたを脅かす暴君の正体 (朝日文庫)




現在社会を脅かす異常な犯罪、猟奇的事件、少年犯罪
モラハラ・DV・ストーカー、そして暴言政治家等々.

従来の精神医学的枠組みでは十分にその姿を捉えきれない
社会全体に蔓延する精神病理.

それを「誇大自己症候群」と名付けて解説したのが本書です.

 ・自分は特別だと思っている
 ・他者に対する共感性が乏しい
 ・非現実的な夢を見がちである.
 ・思い通りにならないと激しく起こる
 ・非常に傷つきやすい

全然関係のない遠い世界の話ではなく、「誇大自己症候群」という
精神状態が我々のすぐ身近に蔓延していることがわかります.

具体的には職場での困った人たち、パワハラ・モラハラをしかけて
くる人たち、そういったトラブルパーソンに立ち向かうために
まずはこの「誇大自己症候群」を認識することで
より良い解決を考えることが出来そうです.

さらには社会問題や政治の世界でも新たな観点が得られます.
話題トランプ大統領、クリントン元大統領、オバマ元大統領に
対しての分析もあって興味深いです.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow [日記]


Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow




サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福」として
日本語版がベストセラーとなっている
「Sapiens: A Brief History of Humankind」の著者
ユヴァル・ノア・ハラリ博士の新作はホモサピエンスから
進化したホモデウス「Homo Deus」です.

人類の歴史は戦争・紛争、飢饉、疫病との戦いでありました.
テクノロジーの進化によって古代、中世の世界から比べれば
人類を脅かす困難との戦いははるかに成功を収めつつあります.

これからの人類がどのような未来を目指すべきか
膨大な資料と例証の元に解説されています.

果たして人類がホモサピエンスを超えて神の領域である
ホモデウスに進化することができるのか.

現在進行形で活躍する日本、中国の政治家の名前も登場し
まさに同時代の未来スコープとして刺激的な本です.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

彼が通る不思議なコースを私も [日記]





このタイトルに魅かれて書店で手に取りました.

「彼が通る不思議なコースを私も」という言葉に
この作品のエッセンスが凝縮されています.

学習障害児の教育に才能を発揮し、本気でこの世界を
変えようと奮闘する抜群に優秀で少し変わった青年と
友人の生死を決める衝撃的な現場で彼に出会った女性.

生きること、死することの根源的な意味と人の営みについて
深く考えさせる作品です、

最後の結末に大いなる希望を感じることが出来る気がします.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金の国 水の国 [日記]





昔々、隣り合う仲の悪い二つの国の物語です.

「毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、
 とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい
 慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。

商業で栄えているが資源の乏しいA国と
豊富な水にあふれるが商業の乏しいB国.

お互いにいがみ合えば共倒れでいつか滅びてしまう.

そんな運命と現実を変えるためにA国の姫とB国の若者が
供に繁栄し豊な未来を作るために奮闘努力します.

「カエルの楽園」を地獄ではなくユートピアにするための
一つの知恵と物語があるような気がします.


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

総理の夫 [日記]


総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)




日本初の総理となった女性とそれを支える
ファーストジェントルマンとなった夫の物語です.

ドイツイギリスでは、既に女性のトップが誕生している
この世界で、小説の中の架空の世界だけでなく
実際にこの国で女性総理が誕生する日がいつか
やってくることを想像しながら読み終えました.

物語は女性総理ではなくファーストジェントルマンの夫の視点から
描かれています.「何があっても君を支える」

来るべき女性総理を向かえるために本当の準備が必要なのは
我々男性のほうなのかもしれないと思いました.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

名古屋駅西 喫茶ユトリロ [日記]


名古屋駅西 喫茶ユトリロ (ハルキ文庫)

名古屋駅西 喫茶ユトリロ (ハルキ文庫)




名駅(名古屋駅)西にある喫茶ユトリロを舞台にした
ご当地ミステリーです.

手羽先、海老フライ(海老ふりゃー)、寿がきやラーメン等々
名古屋自慢のご当地グルメがふんだんに紹介されています.

主人公は東京生まれの名大医学部一年生なのですが
医学ネタはほとんど出てきません.代わりにこれでもかという
名古屋弁三昧です.

仕事で名古屋に出かける際のお供にいかがでしょうか.

名古屋の喫茶店のモーニングも、コメダのシロノワールも登場します.

リニアの話も出てきて、ちょっと涙がこぼれました.

次は岐阜県のご当地ミステリーも書いていただきたいです.

実際に画廊喫茶 ユトリロ というお店が箱根の地にあるそうです.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感