So-net無料ブログ作成

幻肢 [日記]


幻肢 (文春文庫)

幻肢 (文春文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: 文庫



島田荘司先生の初めて映画化された作品の原作です.

島田先生のファンでありながら「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」は
チェックしたものの、こちらの映像のほうは見落としていました.

現在は「幻肢」という作品でDVDで視聴可能なようです.

交通事故で記憶喪失に陥った女性が、自分の記憶を取り戻すために
TMSという治療を受けるというストーリーです.

TMS(Transcranial Magnetic Stimulation)とは経頭蓋磁気刺激という
磁気によって大脳を刺激して、大脳の神経活動性を変化させる装置です.

実際に医療現場でも精神科や脳外科、野尾卒中後遺症等に対して
TMS治療が行われています.

それはさておき、脳の特定の部位を刺激することによって
記憶までが蘇り、幻肢や幻が視えるという物語は魅力的です.

島田荘司先生流の医学ミステリーということですね.
安心してください、殺人事件は起こりませんし、読了後には
すっきりした気分になれます.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心不全管理をアートする−脚本はどう作るのか [日記]


心不全管理をアートする−脚本はどう作るのか

心不全管理をアートする−脚本はどう作るのか

  • 作者: 猪又 孝元
  • 出版社/メーカー: メジカルビュー社
  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: 単行本



心不全治療の分野でご高名な北里大学の猪又孝元先生による
わかりやすい心不全の読み物です.

通常の系統的なテキストと違って、気楽な気持ちで
読む事が出来て、かつ心不全治療にあたる担当医や
医療スタッフがどのように考えて治療を行っているか
もしくはどういう治療ゴールを目指すべきか、が
わかりやすく書かれています.

まさにエクスパートのアートというべき匠の技で
猪又先生は、これを心不全管理の脚本を作るという
言葉で表現されています.

浮腫やうっ血などの目に見える症状の治療のみならず
長期予後の改善という、今は直接は目に見えない治療こそを
ゴールにしていくべきだという熱いメッセージが込められています.

心不全にかかわらる医療スタッフの全てにお勧めです.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

社内政治マニュアル [日記]


ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル

ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル

  • 作者: カレン・ディロン
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



人が3人以上集まれば、好き嫌いや派閥が出来る.

小さな職場で一見和気あいあいとしているように思えても
裏では目に見えない派閥やグループ分けが存在している.

好むと好まざるとにかかわらず「社内政治」「組織内誠治」は
どんな仕事にも避けて通ることは困難です.

さらには一人で仕事をこなしているつもりでも
様々な周囲の人たちの協力や支援があってこその仕事です.

この書ではそんな「社内政治」を否定するのではなく
必要なものであると認めた上で、自分や同僚、そして組織と仕事の
パフォーマンスを上げていくための実際的なノウハウを
まとめたハーバードのマニュアルです.

中身をみてみれば、実際に自分が今ためしている方法も
掲載されていたり、アメリカらしい記述もあったり
とても興味深い内容となっています.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

和僑 [日記]


和僑 (祥伝社文庫)

和僑 (祥伝社文庫)

  • 作者: 楡周平
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 文庫



少子高齢化で、高齢者はどんどん増えていき
時間の経過とともに、介護が必要になる方々も増え
地方では若者の減少と過疎化が進み,、病院も施設も高齢者であふれ
かといって医療スタッフも介護スタッフも圧倒的に少ない現実.

後継者問題は、地方には深刻な問題で、農家だけにとどまらず
地域の医院も病院も後継者問題はもはや死活問題です.

この書では、「プラチナタウン」という高齢者が定住できる
施設を造って高齢者を集める事で地域の活性化に成功した
その町の續のお話です.

今は高齢者であふれていても何十年先には、少子化による
人口減少が大問題となるという、深刻な問題が扱われています.

この書では和僑というキーワードでもって、地域の生き残りの術を
海外に求めていくというストーリーが語られます.

医療の面でいえば、高齢者介護と過疎化対策のノウハウを
なんとか次の世代がより良くなるための武器に出来ないかと
いうことになります.身につまされる作品です.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シングルタスク、一点集中突破 [日記]


SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

  • 作者: デボラ・ザック
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



学生の頃は、深夜ラジオを聴きながらの勉強を
得意としていましが、不思議と落ち着いて出来ました.

今の時代は、さらにいろいろ見るべきものが沢山あって
メールやウェブだけじゃなくLineにフェイスブックに
そんなにマメにチェックしなくてもと思うのですが
もう習慣になってしまって、作業もぶつ切りです.

パソコンだけは高機能になってマルチタスクばんばん
こなせるのですが、操作する肝心の人間のほうは
逆に年齢と供に作業効率は落ちるばかり.

日に日にたまるTo Do リスト、沢山の仕事.

この本では、マルチタスクをやめてしまおう.
シングルタスクで一点集中で仕事をしたほうが効率良い.
そんなことが書かれています.

仕事の上でも、まずは得意な分野をさらに集中的に
頑張って、一点突破が良いですね.

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

厭世マニュアル [日記]


厭世マニュアル (角川文庫)

厭世マニュアル (角川文庫)

  • 作者: 阿川 せんり
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/08/25
  • メディア: 文庫



マスクを付ける事で、なんとか人生と折り合いをつけてきた
22歳フリーターの主人公.

親とも決別し、大学時代の知り合いも友人とも決別し
他人とはマスクを付けた状態でのみ、最低限の関わりが出来る.
住いも「訳あり」の格安アパート、という厭世の日々.

そんな主人公が周りの厄介事に否応なく巻き込まれていくうちに
最後の最後に彼女が手に入れるものとは?

自分がまだ何者でもなかった頃のこと、可能性や未来ばかりを
周りに語られて、途方にくれていた頃を思い出します.

全ての人生途上の方々におすすめです.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び [日記]


OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

  • 作者: シェリル・サンドバーグ
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2017/07/20
  • メディア: 単行本



人生の逆境や絶望から人は如何にたちなおるのか.

最愛の夫を失ったシェリル・サンドバーグは
自分を責め、運命を呪い、悲しみの中に取り込まれてしまいます.

彼女を絶望の淵から救ったのは、友人の心理学者の言葉でした.

ー「オプション Aはもう無理なんだ.
 ならば、オプション Bをとことん使い倒そうじゃないか」

ー完璧な人生なんてありえない.
 だからみんな、なんらかのかたちの「オプション B」を
 選ばざるをえない.

自らを回復させる力(レジリエンス)は、決まったものでなく
自分自身の力で鍛え大きくすることが出来るものです.

そしてレジリエンスが周囲の人に教え共有する
人生に必要な力となるのです.印象に残る本です.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

八月十五日に吹く風 [日記]


八月十五日に吹く風 (講談社文庫)

八月十五日に吹く風 (講談社文庫)

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/08/09
  • メディア: 文庫



「万能鑑定士Q」や「探偵の探偵」など著作を愛読している
松岡 圭佑氏の歴史小説です.

1943年に北の最果てのキスカ等に取り残された
5000人あまりの日本人兵員を助けるべく行われた
大規模撤退作戦が描かれています.

フィクションではなく、史実に基づいた作品であり
今のこの状況で読了して、いろいろなことを感じさせられました.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [日記]


流 (講談社文庫)

流 (講談社文庫)

  • 作者: 東山 彰良
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: 文庫



文庫本で400ページ以上もある大作ですが、一晩で読み切ってしまいました.
舞台は1975年の台湾.台北の地に暮らす17歳の青年が主人公です.

登場人物の名前は全て中国名で、舞台も台湾ということなのですが
読み進むうちに、ぐいぐいと物語に引き込まれていきます.

青年の成長の物語でもあり、家族の物語でもあり、ミステリーでもある
一つの型にはまらない、面白い小説でした.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「他人」の壁 [日記]


「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質 (SB新書)

「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質 (SB新書)

  • 作者: 養老 孟司
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: 新書



養老孟司先生と名越康文先生との対談で、テーマは他人の壁です.

「他人とは話せばわかるのか?」他者との人間関係に疲弊する人にとって
目からうろこの、言葉が並びます.

友人であれ身内であれ、たとえ夫婦であっても完全にわかりあえる事は
幻想であって、そもそも前提が違うのだから「わからないのが当たり前」

仏教の教えが実は最新の心理学的な知恵を教えてくれることや
果てはグローバリズムの抱える「壁」やトランプ現象に至るまで
お二人の対談は最後のページまで興味深いものでした.

特に次の一節には笑いました.

 養老 僕が虫の標本見ていると「それ、なんか意味あるんですか」って
    聞いてくる.逆に聞きたいけどね.お前に意味があるのかって.
    お前が無意味に生きていることを俺はちゃんと
    許容しているじゃないかと.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感