So-net無料ブログ作成

ディベートが苦手、だから日本人はすごい [日記]

最近は私たちの業界でも、グローバル化の一環として学会や
研究会での公用語が英語となり、発表も議論も英語でとそんな風に
変わってきています.

時に会場に日本人しかいないのに、英語で議論するということもあり
ちょっと不思議な感覚がします.

講演や発表が終わった後、「何か質問は?」と座長の問いかけに
あまり質問が出ないのも私たちの国では、わりとよく見かける光景であります.

学会や研究会に参加される先生方は、日本を代表する優秀な先生ばかりであり
こうした状況であまり質問をしないというのは、日本特有の心理的側面と
日本文化的側面があるのではないかと思います.


ディベートが苦手、だから日本人はすごい (朝日新書)

ディベートが苦手、だから日本人はすごい (朝日新書)

  • 作者: 榎本博明
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2014/06/13
  • メディア: 新書



ディベートが得意で、積極的に自己主張し、対決もいとわない欧米流を
そのまま盲目的に日本に取り入れることの危険性について書かれています.

ディベートが苦手と言われる日本人は、逆に他人への思いやりの心にあふれ
相手の立場に配慮を忘れないという点は、むしろ美点であるわけです.

「自己主張できないのは自分の意見や要求がないわけでなく
 相手の立場や気持ちに対する共感能力が高いからだ.

 言いたいことをはっきりと言えないのは、相手のメンツを潰したり、
 気持ちを傷つけたりしたくないからだ.

 自分を押しだすより、相手の出方をうかがうのも
 相手が何をのぞんでいるかが気になるからだ.

 それを無視して自分の意見や要求ばかり主張するのは見苦しいといった
 美意識があるからだ」(本書より引用)

共感能力や相手の立場を大切にする気持ちは、日本文化の特徴であって
だからディベートが苦手だからと、自分を卑下する必要はないということです.

「『議論は理屈で決着がつくはず』といった幻想が争い事を生む」
「タテマエの崩壊がクレーマーを生んだ」などなど
非常に興味深い内容で、文化論としても素晴らしく勉強になりました.

対決のディベートではなく、協調のための対話をめざす
日本的コミュニケーション文化を、私たちがもう一度再認識し、さらに
それを海外の方々に理解してもらえるように情報発信することが
本当のグローバル化なのでしょう.

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

Kim

私も読んでみます!

by Kim (2014-08-01 11:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。