So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

新MacBook 12 インチとMacBook Air 11インチの比較 [アップル]

アップルユーザーとして次に行うべきことといえば、新旧マシン比較です(笑)

今まで使っていたMacBook Air 11インチ(2012年モデル、非Retina)を
2台、並べて比較してみました.

IMG_8302.jpg

新MacBook は12インチモニターなのに、外観はMBA 11インチより小振りです.

手に持った感じも、重さの違いは体感出来ます.人間、軽いものになれると
もう重いものを持つことは出来ません.

IMG_8303.jpg

当然、Mac本体の厚みも薄くなっています.側面から見ると、Type C USB ポート
一つだけしかない新MacBook 12インチはすっきりとした感じです.

IMG_8304.jpg

モニターの見え方は、さすが新MacBook 12インチはRetina ディスプレイ
すごくきれいです.これまでのMacBook Air 11インチは、白っぽい感じですが
Retina ディスプレイは、より繊細に見える感じです.

IMG_8305.jpg

Retina ディスプレイの性能は、やはり写真とか仕事の画像を見れば
その違いは一目瞭然といったところです.

冠動脈造影画像とか、IVUS画像とか、Retina ディスプレイを見てしまうと
もうもとには戻れません.仕事に使うならやはりRetina ディスプレイです.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新 MacBook 12 インチ お約束の開封の儀 [アップル]

新しいMacBook12インチとアップルウォッチが予約開始となった
4月10日午後4時は、出張先の東京に向かう新幹線の車中でした.

新年のカウントダウンのように、4時ぴったりにiPhoneから
新しいMacBook を注文しました.目的地の会場に着いた時には
アップルからメールが届いた次第です.

本当は、BTOで、CPUアップグレードしたかったのですが
カスタマイズしてしまうと、お届け予定日が4~6周後となってしまいます.
いち早く、新しいMacBookをゲットしたかった私は、通常モデルにしました.

CPU Core M 1.1 GHz, SSD 256 GBのモデルです.これだとお届け3~4日でした.

とはいうももの、折り返しのアップルからのメールでは、お届け予定日が
4月17日から20日となっていました.やっぱり注文が殺到したんでしょうか.

その後、首を長くして待っていましたが、なかなか届きません.
お届け予定日初日の4月17日は、KCJL参加のため朝から出かける予定でした.

もしかしたら学会出張で留守中に届いてしまうのか、半ばあきらめかけてましたが
まさに出かけようとしたその時に、アップルストアから届いたのです.

新しいMacBookをみれば、アップルユーザーたるものやることは一つです.
そうネットでも沢山の方々が行っている「開封の儀」です.

IMG_8267.jpg

軽量でコンパクトなMacBookは、梱包の外箱も小降りでした.
MacBook Air11インチの箱よりはちょっと小さい感じ.

IMG_8268.jpg

フタを開けるといきなり、本体の姿が登場です.噂の光らないアップルマークです.

IMG_8269.jpg

本体の下には、Type C USB対応の電源アダプタがありました.小さくてかわいいです.

IMG_8272.jpg

学会出張にいかねばならず、とりあえず起動と最小限の設定だけ行いました.

スクリーンショット 2015-04-19 15.27.20.jpg

「このMacについて」を見ると、1.1GHz Interl Core M プロセッサが確認されます.
正式名称は MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)なんですね.

詳しい使い勝手やアプリの状況は、また順番に記事に書きます.

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

KCJL 2015 [学会、研究会、研修]

2015年4月16日(木曜日)〜4月18日(日曜日)の4日間
京都で開催されたKCJL 2015 に参加してきました.

近畿心血管ジョイントライブ」 2015 (KCJL)です.

IMG_8296.jpg

今回もお仕事をいただいての参加で有意義な勉強をしてきました.

循環器内科だけでなく、心臓外科医、インターベンションにかかわる
看護師、放射線技師、CEなどのコメディカルスタッフも参加しての
大きな学会でまさにジョイントライブです.

会場となった京都駅前のメルパルク京都では、すでにエレベーターの前に
参加者の長蛇の列が出来ていました.

コロナリーライブだけでなく、ペリフェラルライブも開催され
さらには教育セッションやさまざまな興味深いセッションが目白押しです.

IMG_8280.jpg

全国から著名な先生方が一同に集まり、本当に豪華なジョイントライブです.

出来るだけ少しでも沢山の勉強が出来るように、プログラムをにらみながら
各会場のはしごをしました.まったく学生時代の10倍は勉強してます.

IMG_8300.jpg

学会会場では、いつもお世話になっている沢山の先生方にお会いできました.

4月17日の夜には、スレンダークラブジャパンのセッションがありました.
今回のSCJセッションでは、最新のガイドカテ、マイクロカテーテル、子カテ
シースレスカテのプレゼンがありました.

時代と絶え間ない時代とデバイスの進歩によって、スレンダーデバイスで
本当に沢山のことが出来るようになり治療の幅も広がったことを実感です.

6Frガイドカテでの2ステントや、5FrガイドカテでのKBTが通常のバルーンや
ガイドワイヤーを使用して可能になってきました.

病変や状況に対応して、適切なデバイスと戦略を考えるための勉強と
知識のアップデートがますます重要になりました.時代についていかないと.

4月18日(土曜日)の夜は、「インターベンショナリストのための心臓CT研究会」
CCTIでのお仕事でした.夜遅くまで熱い議論が続き、皆様お疲れさまでした.

おりしも春の京都は、まさに観光日和で、京都駅周辺には沢山の修学旅行の学生さん
そして沢山の外国からのお客さんでにぎわっていました.

学会に参加した人のほとんどは、観光といえば会場から見える京都タワー
見ることぐらいだったようで、皆さん熱心に勉強されていました.

いろいろなことで大変なことも多いご時世ではありますが
インターベンションや医療に情熱を傾けて仕事を続けている沢山の方々の
姿を見るにつけ、改めて仕事へのモチベーションをいただきました.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

届きました [アップル]

届きました。ぎりぎりです。

image-20150418090258.png

nice!(1)  コメント(1) 

待ち人 来らず [日記]

待ち人 来らず

image-20150417092843.png

nice!(1)  コメント(0) 

最初に届いたのはこれでした. [アップル]

待ちに待った大物ではなく、先発として届いたのはこれです.

USB-C.gif

USB-C アダプタです.新MacBook専用のアダプタです.

プレゼンに必要なUSB-C Digital AV Multiportは、アップルストアでも
納期が4〜6週間となっていて、値段もなかなか立派なので
今回は取り合えず見送りました.

そのうち近くのアップルストアに出かけて、直接仕入れてこようと思います.

週末は京都出張の予定なのですが、大切なものはその留守中に届きそうで
実際にこの手に出来るのは日曜日になりそうな気配です.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アップルストアから届きました! [アップル]

先週の4月10日午後4時に注文したものが
アップルストアから届きました.

小物.gif

待ち望んでいたものとは違い、ちょっと小さな小包でした.
中身については後ほど...
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新人ナースのためのまるわかり心臓カテーテル看護 [日記]

4月となって私たちの施設にも新人さんたちが加入しました.

新人さんたちにもぜひ、心臓カテーテルについて興味を持ってもらって
カテ室にも気軽に見学に来て欲しいと思います.

心臓、心電図、カテーテルと聞くとちょっと敷居が高い印象だったり
ちょっと取っつきにくくて、と新人さんたちが感じているようです.

学生時代に使った教科書よりもわかりやすく、現場の仕事に役に立つ
そんなテキストがあれば、新人さんたちの心をグッっと掴めます.

 



カテーテルでは有名な岸和田徳洲会病院の横井良明先生と
同院カテ室ナースの木下博子氏によって書かれた、まさに新人さんに
どんぴしゃりの「カテーテル看護」の本です.

カテ子ちゃん.gif

カテ室業務に必要な基礎からルーチンワークまで写真と図が満載の
分かりやすい内容で、文字通り「まるわかり」です.

1冊は私のポケットマネーで病棟に寄贈させてもらいます.
一人でも多くの新人さんがカテに興味を持ってくれますように!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SCJ 東京ミーティング 2015 大盛況でした. [学会、研究会、研修]

2015年4月11日(土曜日)、4月12日(日曜日)は
東京カンファレンスセンターを会場としてSCJミーティングです.

SCJ2-1.gif

会場には、朝早くから沢山の参加者で賑わっていました.
外国からの先生方も沢山参加されていらっしゃいました.

そんなわけで学会の公用語は英語です.世界に向けての情報共有と
情報発信のためには、英語はもはや必須です.

SCJ2-4.gif

細かいニュアンスを伝えるためには、どうしても日本語が出てしまいますが
参加者で協力して英語の議論が盛り上がっていました.

ライブデモンストレーションでは、コースディレクターの吉町先生を初め
松陰先生、舛谷先生、そして齋藤滋先生の治療手技が供覧されました.

SCJ2-2.gif

4FrカテーテルでのiiFR、Glide Sheath Slender、CTO治療など
見どころ満載でありました.

新しい5Fr Glide Sheath Slender(外径は4Fr血管シースと同等)が
4月11日のライブにて発表され、これから現場でも使えるそうです.

SCJ2-5.gif

沢山のスペシャルイベント、スペシャルゲストもあり
光藤先生のライブデモンストレーションも驚きでした.

SCJ2-3.gif

4月11日、ライブデモンストレーション中継の後には
「Where Do We Come From? What Are We?
 Where Are We Going?」というシンポジウムが行われました.

低侵襲治療を追求するスレンダークラブジャパンの活動の始まりから
現在の取り組みと、将来の治療の広がりについて吉町先生、松陰先生
舛谷先生からお話がありました.

CTO治療のための新しい有用な技術の紹介もありました.
6月の私たちの施設でのワークショップでも教えていただく予定です.

4月12日の最終日は、コロナリービデオライブに加えて
コメディカルセッション、EVTセッション、そして市民講座
本当に盛りだくさんの内容でありました.

医師のみならず、沢山のコメディカルスタッフの方々が
会場にいらしていただいて多いに盛り上がっていました.

若手医師とCTOエクスパートである加藤修先生とのコラボ企画があり
こちらも今後につながる興味深い内容でした.

SCJ2-6.gif

「患者さんのためになる質の高い治療をこれからも追求するべきである.」

インターベンションを通じて、少しでも社会に貢献できるよう
頑張っていく勇気を頂きました.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015年もスレンダーPCIで行きましょう. [学会、研究会、研修]

2015年度も、スレンダークラブジャパンの年次総会で始まりです.

SCJ Live Demonstration & Annual Meeting 2015 in Tokyo

2015年4月10日(金曜日)の夜は、品川の会場に置きまして
サテライトシンポジウムがありました.

SCJ1.gif

全国の若手医師を中心に、低侵襲、細径カテの治療について
演題発表がありました.

患者さんのための一番良い治療は何かについて熱心な議論がありました.

ドクターの中にあって、コメディカルの先生からも堂々と
スレンダーPCIにおけるコメディカルの役割について発表されてました.

特別講演は、北風政史先生の糖尿病のお話でした.最近は循環器科で
糖尿病を合併したPCI後の患者や心不全、CKDの患者を数多く診ており
とても勉強になりました.

HFpef、住民健診での拡張期脳障害の割合、心不全における耐糖能異常
などなど、最新の話題と知識をアップデート出来ました.

今年に入ってからいろいろと忙しく、心労も重なっていましたが
こうして志を同じくする仲間の先生方とご一緒すると
沢山元気をもらえて、次なるチャレンジへの勇気が出ます.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -