So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

第13回インターベンショナリストのための心臓CT研究会@CVIT2014 [学会、研究会、研修]

2014年7月25日(金曜日)、CVIT総会 2014 in 名古屋において
第13回インターベンショナリストのための心臓CT研究会(CCTI)が
開催されました.

その名前のごとくに、インターベンションに心臓CTを使い倒すという趣旨で
野崎徳洲会病院 奥津 匡暁 先生が中心となって活動する研究会です.

私も病院スタッフとともにCVITの参加とともに、同研究会で勉強してきました.

富山大学 上野 博志 先生からはインターベンション医として「冠動脈CT時の合併症」
野崎徳洲会病院 古家 賢治 先生からは放射線技師の立場から
「64列CTで心臓を撮影する~当院での工夫~」というレクチャーがありました.

インターベンションに必要な心臓CTを行うための具体的なTipsを教えてもらいました.

そしてこの研究会の目玉である「症例検討」は
昭和大横浜市北部病院 磯村 直栄 先生と聖隷富士病院 梅津 拓史 先生のお二人でした.

CTOや石灰化病変などの複雑病変のインターベンション治療において
術前の心臓CT情報を詳細に検討することにより治療のストラテジー立案が
より安全、包括的なものになり、治療の方向性も見通しを立てることが出来ます.

心臓CTによる病変の詳細な検討や分岐部における石灰化やプラーク分析により
ガイドワイヤー操作の具体的な注意点や、ステント植え込み戦略も
確実な戦略を考えることが出来ます.

カテ中のIVUS、OCTに加えて心臓CT情報を十分に役立てることにより
私たちのインターベンション治療の質的向上に繋がり、ひいては
治療を受けられる患者さんへの恩恵に繋がるはずです.

13th-CCTI.gif

今回は、当院カテ室放射線技師 SALさんもコメンテーターとして参加しました.
技師の立場から、しっかりとコメントされていて良い仕事してました.

次は、CCT 2014で10月31日に第14回の研究会が開催予定です.
ぜひ皆様のご参加をお待ちしております.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3Dバーチャルフィギュア怪獣をiPadでこの手に [日記]

iPhoneやiPadで高品質な3Dバーチャルフィギュアコレクションできる
システム「デジタルトイズ」が登場しました.

まずは特撮テレビ番組『ウルトラセブン』に登場する怪獣たちが
バーチャルフィギュアとして蘇る「TDF Monster Research File」です.

 DIGITALTOYS Virtual Figure
 
ウィンダム1.gif

 ーデジタルトイズシリーズ第一弾「 TDF Monsters Research File ー
 「これは特撮TV番組『ウルトラセブン』に登場する地球防衛軍(TDF)の精鋭である
 ウルトラ警備隊が長年、追跡・分析してきた宇宙人や怪獣達の極秘データベース
 元に高精細に立体化した3Dデータファイルです.
 その記念すべき一体目の怪獣はあのカプセル怪獣ウインダムです.」

このアプリでハイクオリティな3DCGモデルをiPhone/iPadにダウンロードして
保管、コレクションすることが出来て、アーカイブ、記念撮影、AR体験を
好きな時に楽しむことができるようになります.

『ウルトラセブン』に登場する「ウルトラ警備隊」隊員だけに使用を許された
秘密の怪獣調査 ファイルというコンセプトで作られたそうです.

怪獣フィギュアは全て円谷プロダクションの監修での制作だそうで
円谷プロの公式資料をベースに作られているというマニアックな代物です.

さっそくわがMac上に、懐かしいウィンダムがやってきました.
この子をゲットするために1800円ほど必要としました.
リアルフィギュアの価格のほうはもっとずっと高いです.

ウィンダム3.gif

ウルトラマンシリーズの中でも「ウルトラセブン」は私にとっては
特別思い入れのある作品であり、その中でもまずウィンダムを
最初に選ばれた開発の方々にエールを送りたいです.マニアですね.

ウィンダム2.gif

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

転んだ時にはいつでも何かを拾え [学会、研究会、研修]

「転んだ時にはいつでも何かを拾え」(オズワルド・アベリー)

「賢者は他人の失敗に学び、愚者は自分の失敗にも学ぼうとしない」(フランクリン

朝から暑い暑い一日となった7月25日(土曜日)も終日、CVIT 2014 in 名古屋
に参加しました.この日が学会最終日となりました.

これまでは学会というと、ライブデモンストレーション中心で勉強していたのですが
今回のCVIT 2014は、ちょっと違いました.

ライブデモンストレーション会場で過ごした時間はおよそ3時間くらいで
あとの残りの時間は、いろいろなセッションやレクチャーを聞いていました.

画像1.gif

今回はPCIの合併症をテーマにした教育セッションが毎朝早朝に開催され
多くの先生方の貴重な経験談と、いざという時の具体的なBail-out方法
そして合併症を防ぐための具体的な方法と心構えについて学びました.

インターベンションに関わる全国の先生方の貴重な経験を共有することで
改めて治療に対しての心構えを見直すことが出来ました.

医師だけでなくカテ室スタッフ、コメディカルスタッフが情報と治療戦略を
共有して、大切なことは声に出して他のスタッフに伝えること
起こるかもしれない合併症を予測して、あらかじめ備えておくこと、など
明日からの診療に役に立つ内容でありました.

画像2.gif

スレンダーPCIについては韓国の先生方との合同のセッションがあり
海外の先生方と共同して仕事にあたる重要性を教えてもらいました.

今回のCVIT 2014 in 名古屋では、SCJの先生方の発表やセッションが
沢山あって、スレンダーPCIについて沢山勉強できました.

インターベンションの基本は、医師であり内科医であり、病気の治療を行い
患者さんの長期予後を改善し、患者さんを笑顔にすることであり
そうしたアウトカムを考えれば、技術や方法論を超えて、皆で
協力しあって良い知恵を出せるのではないかと感じました.

カテ室ME ITさんも、今回、コメディカルセッションでの発表も
無事に完了しました.本当に皆さん、お疲れさまでした.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CVIT2014 in 名古屋 [学会、研究会、研修]

7月24日から名古屋国際会議場で開催中のCVIT 総会 2014 in 名古屋に
参加中です.国際会議場といえば、このモニュメントです.

CVIT2014-1.gif

今回は、三重ハートセンターの西川先生が会長を務められ
サイエンスとアートの融合」をテーマにおもてなしの心に満ちた学会となりました.

CVIT2014-2.gif

会場は、多くの参加者で賑わっていました.広い学会会場はどこにいっても
満員御礼で、立ち見も出ていました.

CVIT2014-3.gif

7月25日のメインホールでは、三重ハートセンターからの
ライブデモンストレーションが供覧されました.

CVIT2014-4.gif

とても多岐にわたるレクチャーや講演、発表が目白押しで
分身の術を使いたいくらいです.できるだけ頑張って勉強します.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

調理場という戦場 「コート・ドール」斉須政雄の仕事論 [日記]

私が学生の頃は、あまり自炊という習慣はなくて、というか
料理も苦手だったため、鍋で作ったカップラーメンをそのまま
すするか、近所の弁当屋で、唐揚げ弁当を買ってくるか、でした.

まだまだ学生寮のような下宿が沢山あったころでして
仕送りとバイトの分も使い果たして、ピンチとなった時には
皆で一緒にクラブの女子の先輩の下宿にお邪魔して、心よく
手料理をご馳走になったものでした.

もちろんその後は、ご多分にもれず、宴会となったわけです.
昔懐かし良き時代の大学生の下宿風景です.

仕事が忙しい最近では、出来るだけ家事を手伝うように心がけてますが
私のレパートリーとしてはカレーくらいであまり進歩はないです.

そんなわけで自分の出来ないことを出来る人は、本当に心から尊敬します.
料理の上手な人は素敵だと思います.あとピアノの弾ける人も憧れます.





「コール・ドール」の斉須政雄シェフが、自らの修行時代を語った自伝です.

これがまためちゃくちゃ面白いのです.何冊かミステリーや小説を差し置いて
この本を読み始めて、一晩であっと言う間に読了してしまいました.

 「ひとつ一つの行程を丁寧にクリアしていなければ、大切な料理を
 当たり前に作ることは出来ない.大きなことをやろうとしても、ひとつずつの
 行動がともなわないといけない.」

 「だったら、ぼくは仕事以外のことは捨てよう.
 やりすぎを自分の常識にしなけりゃ、人と同じ水準は保てまい」

 「どんな人でも完全に思い通りにできないからこそ、ぼくのような弱い人でも
 やってこれたのです....一病息災というか、弱いゆえにいつも手入れを怠らない」

 「料理人は天性や才能によって創造的な仕事をするように思われています.
 だけど本当の料理人に素晴らしさというものは、どれだけ努力をして
 どれだけ実地の訓練を積んだかで決まります」

いかがでしょうか.こんな感じで最初から最後のページに至るまで熟読です.
まあに調理場は戦場.職場という戦場を生き抜くために、あらゆる職種の人に
役に立つ知恵と経験がこの本に美味しい料理のように、ぎっしりとつまってます.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年は名古屋でCVIT 総会です. [学会、研究会、研修]

2014年7月24日(木曜日)から7月26日(土曜日)までの日程で
今年のCVIT 総会は名古屋で開催です.

 第23回日本心血管インターベンション治療学会
 
CVIT.gif

遠い地での学会の場合は、出かけた後は職場との往復は難しいので
大丈夫なのですが、地元の名古屋開催では、「通えるだろう!」と
こまめに仕事が入っていまいます.

どっちが良いのか悪いのか.たしかに交通費は節約は出来ますが
自宅もしくは職場から名古屋国際会議場までは1時間以上かかるのです.

それと田舎なので、夜おそくなると、帰りのバスも電車もなくて
タクシーで帰宅ということになりので、ちょっと大変です.

それはさておき、今回もインターベンションに関わる先生とコメディカルが
全国から名古屋の地にあつまっていらっしゃいます.

当院のカテ室ME IT さんも発表のお仕事がありますし
レントゲンのSALさんもお仕事いただきました.

職場と会場の往復になりそうですが、皆さんよろしくお願いいたします.

悲しくもすれ違いの先生には、また別の機会でお会いできますように!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マイナス思考法講座 [日記]

・小中学校、高校のころ、校歌斉唱の時に、大きな声で歌うのが
 ちょっと恥ずかしくて苦手だった.

・授業中、先生からの質問の答えがわかっても、周りが手を上げてないと
 自分も遠慮して黙ってしまった.

・友達の恋バナを聞いて、意中の人が同じだったことを知った時に
 自分は黙って遠慮して「応援するよ!」と言ってしまった.

・中島みゆきとさだまさしの昔の曲が好きだけど、暗いヤツと
 思われたくないので、ロックが好きなふりをしていた....etc

考えてみれば自分一人では生きられず、意識しようと無意識であろうと
誰か彼かのお世話にならなければどうしようもないこの世の中です.

学生の頃の担任だった熱血先生が、友情ややる気や根性を一生懸命に
教えてくれたものですが、大人になっても結局身に付きませんでした.

体育の授業でいろいろスポーツをやるのですが、個人的に運動が苦手という
こともあり、チームプレーというのが全然だめでした.

昔から声の大きな人とか、格好いい人とか、人気者とか、そんな方々には
あまり縁もなく、ひたすら目立たないように過ごしておりました.

今も、不安定な時代を反映してからか、プラス思考やポジティブ思考を
高らかに謳った書籍があふれています.

何冊かを手に取って熟読してきましたが、気がついてみれば本だけが増えて
肝心の自分の行動と施行はちっともポジティブにはなっていないのでした.

自分の身の程にあったものでなければ、背伸びしてみても無理なのでしょう.

 
プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講座

プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講座




プラスでもポジティブでもなく、「マイナス思考法」です.

出来ないことを無理してやって、結局挫折して、それでも失敗に目をつぶって
ひたすら挑戦と無理を重ね続ければ、知らないうちにストレスがたまる...

ポジティブ思考できちんと成果を出している方々のマネをしようと思っても
思考法と行動にもやはり向き不向きがあるのではないかと思います.

人付き合いが苦手で、面白い話も出来ず、女性としゃれた会話も出来ないのに
ポジティブ思考を身に付けたからといって、すぐに変身できるわけはありません.

ジム・キャリーの「マスク」でも手にすれば話は別かもしれませんが.

本当に悲しくつらいことに直面した時、無理して明るく振る舞っている人を
みかけることがあります.でもどこかでそんな大変なことと、自分自身で
向き合わなければ、つらいことを乗り越えることは出来ません.

光があれば影もあり、影があるからこそ光はより一層輝きをまします.
普段は目をつぶって観ないふりをしているそんな影の部分を
このマイナス思考法でもって向き合うことで、もっと自分にあった
着実で無理のない生き方が可能になるかもしれません.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャッジ! [日記]

出張や当直のない週末には、iTunesで映画を借りて
アップルTVで家族で映画というのが、最近の我が家のしきたりです.

観たい映画がある時には、子供たちがレンタルビデオ店で借りてきます.

シリーズものの場合は、テレビ版から、映画版にいたるまで全て観ないと
気が済まない家風なので、ドラえもん、NARUTOには随分とお世話になりました.

ジブリの映画は、今のところ、iTunesでは観られないので、全てレンタルです.
ディズニー映画は、先日いろいろバタバタがありましたが、無事に
「アナと雪の女王」も観ることが出来て、家族平和に貢献してもらいました.

特別に見たい映画がないと言う時には、作品セレクトは私の仕事です.
今週の映画セレクトはこの一本です.


ジャッジ! [DVD]

ジャッジ! [DVD]




ひょんなことから、上司の代理として世界一のテレビCMを決める
サンタモニカ国際広告祭に出ることになった主人公.

広告代理店で勤めるCMへの情熱は熱く、仕事は真面目で不器用という
主人公を妻夫木聡さんが務めます.

脇を固めるのは北川景子さん、リリー・フランキーさん、鈴木京香さん
そして豊川悦司さんという超豪華メンバーの方々です.

クライアントから押し付けられた ちくわCMを入賞させなければ
会社くび!という命令を受けて主人公のどたばたが描かれます.

ネタバレになりますので、詳しく書くことは出来ません余計な前情報が
なかった分だけ純粋にコメディとして作品として、家族全員が楽しめました.

「私たちは素晴らしい映画を楽しみにしています.良いものは良いのです」

とここで余談なのですが、トヨタのCMが作中に登場してきます.

ドラえもんも静ちゃんも、ジャイアンも、スネ夫も出てきませんが
妻夫木聡さん演じる主人公は、どう考えてものび太君そのものです.

勉強は出来ないし、英語も出来ないし、仕事は要領悪いし
曲がったことが嫌いでずるが出来なくて、という感じで
ちょうとテレビCM ドラえもんののび太君そのままの雰囲気です.

今回の静ちゃん役は北川景子さんというところでしょうか.
彼女の活躍と心の動きもこの映画の見どころです.

いろいろとツッコミどころも(笑)どころも満載で子供にも楽しめます.
主人公の決めの英語のセリフ、どこかで使ってみたいです.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心のブログ [日記]


藤田勉 心のブログ

藤田勉 心のブログ




医療法人 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニックを率いる
藤田 勉先生の2冊目の御著作です.

藤田先生が忙しいお仕事の傍らで2007年よりずっと続けていらっしゃる
ブログに書かれた記事をまとめた内容となっています.

 藤田(札幌ハートセンター・札幌心臓血管クリニックCEO)の独り言

前作の「心臓の病気で死なせない」に引き続き、本書「心のブログ」では
札幌心臓血管クリニック開設から現在に至るまでの医師としての思いや
医療チームトップとしての、チームリーダーとしての思いが赤裸々に
綴られています.

ブログのほうは、私も以前から読ませていただいており
実際に藤田先生にも何度かお話しを伺い、また札幌ハートセンターの
スタッフの方々の人柄も存じ上げています.

帯にある書かれている「日々、疾走する24h医師」の通りの日々を
藤田先生は送られているわけで、まさに驚くばかりです.

藤田先生の医療チームがどのように作られていったか
卓越した医療技術と日々のスタッフの方々の努力もさることながら
根底にある患者さんへの思い、医療への思い、そして哲学が
きちんと共有されているということだと知りました.

うちのカテ室や職場でのレベルアップのため、藤田先生と
この本から教えられることは多々あります.

医師や医療スタッフのみには、もちろんのこと
医療に関心のある方々にもぜひお勧めです.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

選択の科学 [日記]

2011年11月にNHKで放送された「コロンビア白熱教室」の講義録が
今回、文庫本として登場しました.


選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

  • 作者: シーナ アイエンガー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/07/10
  • メディア: 文庫



著者のシーナ・アイエンガー先生はNYコロンビア大学ビジネススクール教授として
この20年間、「選択」一筋に研究を続けられてきた方です.

インド移民の両親とともにアメリカに移住されたこと、幼少時に
網膜変性症のため視力障害となり、高校の頃には全盲となってしまったこと.
その後は、大学に進学しスタンフォード大学で社会心理学の博士号を取得したこと
著者自身のこれまでの人生における「選択」の物語も語られています.

「選択権を持つことは生き物の基本的欲求であり、なぜ選択には大きな力があるのか」

生物の生存本能、サバイバルのために「選択」が本能に組み込まれている.
先の見えない極限状態にあっても「選択」の可能性を信じられる限り
人は努力を続けることが出来る.

集団に規定された選択と、個人主義による選択に差はあるのか.

「豊富な選択肢は必ずしも利益にはならない.」これがビジネスで
広く応用されている「ジャムの法則」であり、シーナ先生のお仕事です.

著者自身が行った来た豊富な実験データと様々な文献データを元に
「選択」の科学が詳細に語られています.

「モーレツ上司のほうが、心臓発作を起こしやすい」という予測に反して
職業階層が高ければ高いほど、上司の寿命は長く、逆に選択権を与えられない
平社員のほうが逆に寿命が短かったというデータがあるそうです.

「選択」と「自己決定権」はまさに自分や家族の命にもかかわる問題なのです.

シーナ先生の第七講では、「選択の代償」として医療現場での延命措置の問題が
語られます.蘇生の見込みのない状況で延命措置を続けるのかどうか
誰がその答えを選択するのか.従来の医療でのパターナリズムから
命の洗濯の重圧が、家族に移ったことにより、どのようなことが起こったか.

医療関係者にとっては、この部分はぜひ読むべき価値があります.

そしてなかなか完璧な答えは出ないのですが
「もしかしたら、わたしたちはみな、完璧になろうと頑張りすぎずに
 愛する者たちとともに過ごす喜びに、もっと目を向けるべきなのかもしれない」

この言葉にシーナ先生の人柄と思いがあふれているようです.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -