So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

スレンダークラブジャパン総会 2016 in 神戸 [学会、研究会、研修]

スレンダークラブジャパン(SCJ)総会 2016は
来年4月8日から4月10日まで神戸で開催となりました.

 Sleder Club Japan Annual Meeting 2016
 
スクリーンショット 2015-09-01 16.50.31.jpg

スレンダークラブジャパン = Slender CLub Japan (SCJ)は
世界で一番低侵襲で、世界で一番患者様に優しい心血管治療
提供する為に、日々努力するインターベンション医の集まりです.

SCJ meeting 2016 in Kobeの開催にあっては
さくら会高橋病院 高橋先生、昭和病院 舛谷先生そして
全国のSCJ会員の医師およびメディカルスタッフの方々が
一丸となって取り組むことになります.

皆さまに神戸でお会いできることを今から楽しみにしています.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

China-Japan Friendship TRI Seminar in Kanazawa [学会、研究会、研修]

2015年8月28日、金沢循環器病院で開催された
日中友好TRI セミナーに参加しました.

China-Japan Friendship TRI Seminar in Kanazawaです.

斎藤滋先生がcoordinatorを勤められ、日本と中国から
インターベンションを専門とする医師が金沢の地に集いました.

今回の日中友好セミナーの開催にあっては金沢循環器病院の
名村先生、寺井先生が中心となって準備を進めてこられました.

もちろんTRIセミナーということで治療は基本帝に
橈骨動脈アプローチで行われました.

斎藤滋先生のライブデモンストレーションから始まり
寺井先生、堀田先生、松陰先生の治療を勉強しました.

IMG_8768.jpg

TRIによるCTO治療(レトログレードアプローチ)
レーザー治療、小血管治療など中身の濃い充実したセミナーです.

日中友好ということで、インターベンションとTRIを合言葉に
国交を超えて日本と中国の先生が一緒になってのセミナーは
とても有意義なものでありました.

To learn and to practice TRI are pleasure.
To see friends from far is happiness.

寺井先生を始め、日中友好セミナーに参加された先生方
そして関係各位の皆さま本当にお疲れさまでした.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金沢循環器病院 [仕事]

2015年8月27日は金沢循環器病院
お邪魔しています。

ここで開催される研究会に参加予定です。

image-20150827161135.png

nice!(0)  コメント(0) 

Art Text 2 [アップル]

Art Text 2

スクリーンショット 2015-08-26 18.50.20.jpg

Mac環境で簡単なロゴを作れるソフトです.
沢山のテンプレートがついているのでけっこう楽しめます.

操作もわかりやすくて良い感じです.

実際に試しに作ってみたのがこちらです.

可児ライブ.jpg

いろいろ試してみてオリジナルなロゴをものにしたいです.

いつものプレゼンにちょっと彩りや驚きを加えたい時に
役に立つと思います.私は製品版を購入しました.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プレゼンとロゴ [日記]

8月末と9月に研究会等での自分のプレゼンがあって
仕事とワークショップ、ライブの合間に
自転車操業で準備です.

Macなドクターということで、皆さまの期待値も高く
しょぼい出来では申し訳ないので、ちょっと頑張っています.

今回は、タイトルや施設のロゴも自分で作ってみようと思いました.
Photoshopのような高度なソフトではなく
Macで使えるアプリで作成してます.

いろいろ試してご紹介します.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

木下先生・吉町先生コラボWork Shop in Kani [学会、研究会、研修]

平成27年8月22日(土曜日)は当院カテ室にて
木下先生・吉町先生コラボWork Shop in Kaniを開催しました.

豊橋ハートセンターの木下先生と東海大学の吉町先生のお二人を
お招きしてコラボで治療をしていただくワークショップです.

IMG_8722.jpg

ワークショップのテーマとしてはTRI(橈骨動脈アプローチ)であり
木下先生にも吉町先生にも橈骨動脈にて治療をお願いしました.

カテーテル治療に携わる医師は、方法論や手技の細かな違いはあるとして
治療の根本の考え方や哲学は共通しているのです.

患者さんへの負担を出来るだけ最小限にしつつ、可能な限り良い
カテーテル治療を行うというポリシーは日本中の先生とともに共有しています.

今回のワークショップでは、お二人の素晴らしい技と考え方を
リアルタイムで見させていただいて本当に良い勉強となりました.

またこのワークショップを通じて、今後に向けた新しい企画も生まれそうです.

ご参加いただいた先生方、そしてスタッフのみんな、お疲れさまでした.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

芹川先生 院内ライブ [日記]

2015年8月21日(金曜日)は、当院カテ室に
済生会福岡病院の芹川先生をお招きして
慢性完全閉塞(CTO)カテーテル治療をお願いしました.

IMG_8707.jpg

長時間にわたり治療を行っていただきまして
スタッフ全員大変勉強になった一日でした.
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デフ・ヴォイス [日記]


デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 (文春文庫)

デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 (文春文庫)




仕事と結婚に失敗した主人公が自分の唯一の特技として
生きるために選んだ仕事が手話通訳士でした.

ミステリーという形をとって聴覚障害の方々の暮らしや思いを
鮮やかに描き出した作品です.

個人的には、松本清張氏の「砂の器」もしくは
森村誠一氏の「人間の証明」を思い起こさせるような
素晴らしい読後感に浸っています.

知らないことを本を読んで沢山知ることができるという
読書の当たり前の効用を改めて思い出しました.

お勧めです.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Cardiovascular Intervention: A Companion to Braunwald’s Heart Disease: Expert Consult (Companion to Braunwald's Heart Disease) [日記]





有名なブラウンワルト循環器病学テキストの姉妹本で
インターベンションに特化したテキストです.

ブランワルト本伝は2000ページを超える大作でありますが
こちらは、ブランワルトからインターベンションだけに特化して
さらに詳述された内容となっています.

進歩の著しいインターベンションの業界では、テキストが
世に出た段階で、すでのその内容が旬を過ぎてしまったり
新しいステントやデバイスが掲載されていなかったりします.

本書は、2015年3月22日発刊の比較的新しい内容であることから
基礎を学ぶには丁度よい内容です.

さらにはまだ日本で認可されていないデバイス等のデータが掲載
されている分、十分に勉強する価値があると思われます.

冒頭に、グリュンチッヒ先生の開発秘話が詳しく書かれていて
これも読みごたえがあります.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しんがりの思想 [日記]


しんがりの思想 反リーダーシップ論 (角川新書)

しんがりの思想 反リーダーシップ論 (角川新書)




「やかましいほどにリーダー論、リーダーシップ論がにぎやかである.」

「そもそも、みながリーダーになりがたる社会はすぐに潰れる.」

「他人が草したリーダー論の後をひたすら追うようではリーダーになれない.」

「リーダー論に素直に従うようなひとほどリーダーにふさわしくない.」

「ライダーズ・ハイならぬリーダーズ・ハイになって周りを
 困らせる人がいる.」

「社会がいやでも縮小していく時代(中略)、最後尾でみなの安全を
 確認しつつ進むと登山グループのしんがりのような存在
 退却戦で敵の一番近くにいて、味方の安全を確認してから
 最後に引き上げるようなしんがりの存在がもっとも重要になってくる.」

「請われれば一差し舞える人物になれ.」

結局は自分のことだけしか考えないまやかしのリーダー風を吹かす
権力好きエセ上司に、組織をかき回されても、なお仕事を
支え続ける全ての皆さんに読んでいただきたい本です.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -