So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

生きるぼくら [日記]


生きるぼくら (徳間文庫)

生きるぼくら (徳間文庫)




24歳の引きこもりの青年の元から、突然母親がいなくなってしまう.

残された彼は、手元の年賀状と幼い日の記憶を頼りに
田舎の長らく合っていない祖母に合うため、引きこもっていた
アパートを飛び出して旅立っていきます.人生再生の旅に.

いじめ、引きこもり、家族の問題、認知症、介護など
私たちが遭遇するであろう様々な問題を抱えて
主人公とその家族、そしてその周囲の人たちが
どうやって人生を建て直していくか.

心温まる、再生の物語です.人と人との絆、ぬくもり
そんな当たり前のささやかな事を、もう一度懐かしく思います.

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

虚血評価ハンドブック: PCI・カテーテル室スタッフが知っておくべき最新の知識 [日記]





狭心症の適切な治療のためには、狭心症による冠動脈の虚血を
きちんと診断することが必要不可欠で重要です.

この書では循環器医・カテーテル室スタッフが知っておくべき
臨床現場での虚血評価に関する内容がまとめられています.

各分野のエクスパートの先生による共同執筆であり
虚血評価の総論、FFR、iFRのみならずIVUS、OCT、CT
心臓医学検査まで各モダリティの適応と限界まで
リアルワールドでの虚血評価のノウハウが詰まっています.

カテ室で働くスタッフにとって知識のアップデート
とても有用な一冊です.私たちもこれで勉強します.

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

看取り先生の遺言 [日記]





この本の素晴らしさと凄さを十分に言葉で
伝えられるかどうか自信がありません.

少なくとも私がこれまで出会った中で一番最高の
死生学の指南書であり、かつ看取り先生こと
岡部先生の壮絶な人生が詰まっています.

自らもガンを患い闘病生活を送りながらも
がんの在宅緩和ケアに最後まで取り組む姿に
私のこれまでの考えや行動がいかに浅いものであったか.

がんの抗がん剤治療に関する岡部先生の考え方も
患者さんの側に立ったものでわかりやすく
自分もこうしようと納得しました.

EBMも指標もない看取りの世界でナラティブ医学
もとにした実践の大切さが書かれています.

在宅にこそ、医療の原点がある、在宅は片手間ではなく
在宅のプロが実践するべき、お迎えの話など、目からうろこです.

自らも東北大震災を経験し最後まで走り続けた岡部先生.
東北の地で最近話題となっているちょっと不可思議だけれど
悲しくもあり暖かくもある現象のこと.

すべての現場の医療スタッフ、そして全ての日本人が
この書を手にして熟読すれば、医療現場がもっと良いものに
変わっていく可能性を感じました.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

会議を制する [日記]


会議を制する心理学 (中公新書ラクレ)

会議を制する心理学 (中公新書ラクレ)




私たちの職場でも文書作成や会議に要する時間が
本当に多いです.

カテーテルを行うためにも、沢山の書類を作成します.
治療後にも記録やカルテの記載、その後の様々な書類等々あります.

それに加えてますます会議が増えているので時間が
どんどん削られていく感じです.

大きな会議から小さな会議まで、もう少し効率的に運営出来ないかとか
もう少し創造的で前向きな内容にならないかと、いつも思います.

会議を取り巻く、人間関係や同調圧力を含めた力学と社会学の
知恵がここに書かれています.

この書で少しは会議の時間も有意義なものになるかもしれません.

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

介護民俗学へようこそ 「すまいるほーむ」の物語 [日記]


介護民俗学へようこそ 「すまいるほーむ」の物語

介護民俗学へようこそ 「すまいるほーむ」の物語




「神、人を喰う」という書でサントリー学芸賞を受賞した
気鋭気鋭の民俗学者である著者が大学を出て
老人ホームというフィールドに飛び込みました

老いるとともに、社会や家族から忘れられていく存在の中に
民族学の世界のように、日本人の根源と魂に繋がる
素晴らしい物語という宝物を見つけたのです.

著者の経歴もさることながら、ともすればつらくネガティブな
観点からの論調が多いなかで、実際の介護の現場のスタッフにも
力を与えてくれる良書です.

さまざまな歴史と伝承が風化していく今こそ必要な書です.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Aipoly Visionーものの名前を教えてくれます [iPhone]

Aipoly Vision on the App Store

Phoneのカメラで映すだけで、それが何か教えてくれるアプリ「Aipoly Vision」

このアプリをiPhoneインストールするとカメラを通じて
物の名前を教えてくれます.テレビはテレビ、MacはMacと.

ためしに使ってみました.目新しい感じが素晴らしいです.
簡単なもの、典型的なものは、ちゃんと答えてくれるのですが
写し方が悪いと間違った答えを返してくれたり
わかりません、とそっけなかったりします.

kitty.png

ためしにわが家のピカチューを写してみたところ
なぜだかハローキティとのことでした.ご愛嬌ですね.

もうちょっと精度が上がれば実用的になる可能性はあります.

とりあえず全部英語で返してくれるので
外でこれって英語でなんて言うのだろうと思った時の
英語単語帳に使えそうです

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

努力したぶんだけ魔法のように成果が出る英語勉強法 [日記]





これまでは何とか凌いできた英語ですが
どうにもこうにもならなくなりました.

とりあえずは学生時代のように地道に勉強するしかありません.

英語しばりの学会や研究会に参加するたびに、英語の必要性を
痛感してしばらくは英語の勉強をするものの、ついつい
モチベーションが続かず、だらだらというのが良くはる流れでした.

今年は、そのように笑って済ませられる状況ではなく
いつになく焦っているのです.

単語の一つでも覚えれば良いのに、ついついこうした英語本に
手をだしてしまうのが、妙におかしいです.

作家である清涼院流水氏が自らの英語体験をつづったこの本は
あまたの類似本に比べると、説得力があり、面白く
書かれている方法は、素直にすっと入ってきました.

少なくともなぜ自分の英語力が伸びないかの理由がよくわかりました.

英語の必要性におシリをつっつかれながらも
今一つ自身がもてない方にお進めです.

早速私は、この本で書かれた方法の実践をはじめているところです.

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宴会という戦場  [日記]





中国のことを扱った本は数あれど、宴会を切り口に
書かれたこの本は、けっこう珍しいと思います.

タイトルでわかるように、著者の現地での体験をもとに
書かれており、日本と中国の考え方の違い
本年と建前のすれ違いなど、多いに参考になります.

ステレオタイプな情報や思い込みに頼らない
異文化交流をどうしたら良いか.面白いです.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スレンダーはいかがでしょう [日記]

IMG_0349.PNG

前回ご紹介した自分流和英辞書、翻訳チェックリストを作ってみました.
スレンダーPCI、TRIに関連した内容を集めてみました.

iCloudでiPhoneでも使用可能なのが便利です.

SCJメンバーの皆さまには配布させていただきます.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私が英語で「論争」できるまでにやってきた唯一のこと [日記]


私が英語で「論争」できるまでにやってきた唯一のこと

私が英語で「論争」できるまでにやってきた唯一のこと




最近仕事で英語を使う必要が増えてきまして
今年の6月には、英語しばりの研究会の準備もあって
今まで以上に真剣に英語に取り組む必要が出てきました.

そんな時に、ついついこうした英語本に手を伸ばしてしまう私です.

私の書斎にはこうした英語関連本が一体何冊あることか.

結局、皆、結論は同じようなことを書かれているのですが
私なりの結論としては、とにかく地道に勉強することと
自分に合った勉強を選ぶことだと感じました.

この本で書かれていた、自分だけの和英辞書を表計算ソフトで
作るというのを私もやってみました.

スクリーンショット 2016-01-14 10.54.44.png

この方法はなかなか自分に合っている気がしました.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -