So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

超高速! 参勤交代 [日記]

前から気になっていた映画「超高速!参勤交代」ですが
博多から名古屋新幹線の車中でようやく観る事が出来ました.

超高速! 参勤交代

3時間あまりの新幹線の長い時間もあっという間でした.

お上からの理不尽な要求も、きびしい困窮も皆の知恵と行動
そして上司の人柄で見事乗り越える姿は感動的です.

田舎の弱小貧乏藩が国のため、民衆のため、そして
愛する人のため奮闘努力して意地を見せてくれます.

この上司にしてこの部下ありという感じです.
こんな上司になりたいものです.

いろんなメッセージがちりばめられた映画でした.

余談ですが、超高速で学会を移動される凄い先生がいます.
現場も研究も一生懸命な頑張りをいつも尊敬してます.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Healing [学会、研究会、研修]

今回のARiA 2014では、これまでのライブデモンストレーション
学術集会とは一味違う、新たな試みが沢山盛り込まれていました.

CA(カテーテルアブレーション)のライブセッションがあったこと
腎デナべーションに関するセッションが数多く盛り込まれていること
心臓リハビリテーションのセッションがあること
そして一番印象的であったのは、Healing PCI ライブです.

これから臨床への応用が期待されるNIRS IVUSを用いたPCIです.

NIRSとは近赤外線分光法を用いた血管内イメージングであり
血管内リピッドコアプラークをより敏感に検出することが可能です.

ステントや石灰化が存在しても、リピッドコアを検出することが出来て
とても興味深いツールだと思います.

ヒーリング.gif

これからの臨床への展開がとても楽しみですね.

今回のARiA 2014では、私も少しお仕事を頂きました.
SCJ セッションで発表をさせていただきました.

11月だというのに、9月くらいの陽気で暖かい博多でした.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Alliance 同盟 in ARiA [学会、研究会、研修]

今回のARiAは本当にすごいです。

九州の先生方が一致団結して
過去のことにはこだわらずのARiA同盟です。

全国からも日本を代表する
インターベンションの先生が多数集合です。


image-20141122094223.png


image-20141122094243.png



nice!(0)  コメント(0) 

ARiA 2014 1日目 [学会、研究会、研修]


image-20141121135946.png

博多は暖かいです。
初日から沢山の方々が参加されてます。

お知り合いの先生も沢山いらして
遠出した感じがしません。
nice!(0)  コメント(0) 

ARiA 2014 [学会、研究会、研修]

2016年11月21日から23日まで博多で開催される
ARiA 2014に、私も参加させてもらうことになりました.

Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement(ARIA2014)

ARiA.gif

ホームページが格好良いです.

ARIAはカテーテル治療を中心とした大きな学会で
PCIのライブデモンストレーションに加えて
カテーテルアブレーションやストラクチャーなど
幅広い分野を網羅しています.

九州にはお知り合いの先生も多く、お会いするのが楽しみです.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミスター・グッド・ドクターをさがして [日記]





医師転職人材斡旋会社の社員が主人公の小説です.

登場する医師が、あまりにもエクセントリックであったり
あまりにもマンガ的な描写なのが気になりますが
主人公がなかなか魅力的に描かれてます.

世間からは、医療関係者って、こんな風に思われているのか、と
いろいろ考えるところがあります.


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下町和菓子 栗丸堂


お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (2) (メディアワークス文庫)

お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (2) (メディアワークス文庫)




浅草の下町にある老舗の和菓子のお店を舞台にした物語です.

他界した両親の残した店をついだのは、まだ若い青年です.

下町の人情と美味しい和菓子が相まって極上の味に仕上がっています.

ほっと一匹つける本です.疲れた時にお勧めです.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大名やくざ [日記]

前からちょっと気になっていた作品なのですがアマゾン
第一巻電子書籍版が無料となっていたので読んでみました.


大名やくざ

大名やくざ




ちょっと遠山の欽さんのテイストがあって楽しめました.
まさにアマゾンの思惑にはまって第二巻、第三巻は購入しました.

続きが楽しみな作品です.

昔も今も、人と人との駆け引きは変わらないものですね.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「感染症パニック」を防げ! [日記]





情報が錯綜する中、やっぱり頼りになるのは岩田先生です.

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

数こそ質なり [日記]

埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科教授 新浪 博士氏が
年間三百例以上の心臓手術を自らが執刀する心臓外科医として
仕事の流儀について書かれた本です.





「生活の八割は心臓外科医でなかければこの仕事は勤まらない」

「容易な道を選ぶことは現状維持ではなく、ただの衰退である」

「苦労をしなければ得たいものは得られない」

「上に立つ人は決して驕ってはいけない」

「守りに入らず『可能性』に賭けることで人生は切り開かれる」

「一人では手術は出来ない仲間との関係性をどう作るか」

「一流の医師、スタッフ、施設があるのなら、それが持ち腐れに
 ならないようにするのは当然だ」

ここで語られている仕事の極意は、心臓外科の世界だけでなく
広く他の分野の仕事にも役立つことばかりです.

「心臓外科医は基本的に病院にいなければならない.
 病院を一歩デルだけでも罪悪感が芽生える.
 そんな感覚は、研修時代に植え付けられた」

こうした現場感覚は、多いに共感するものです.

この書の巻末には、ローソンCEOである実兄の新浪剛史氏との
兄弟対談が掲載されてます.

医療界と経済界のクロストークは、ご兄弟ということで
とても興味深い内容になっています.カテ室スタッフには
ぜひチェックしておいて欲しい一冊です.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -