So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ケーブルテレビで放映されました. [学会、研究会、研修]

2016年6月25日に当院で開催された
第10回日中友好TRIセミナーの様子が地元の
ケーブルテレビで紹介されました.

IMG_0661.jpg

業務の合間を縫って私もちょっとだけ
インタビューを受けました.

関係各位の皆さまに感謝いたします.
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

衝撃の逃亡記録 [日記]





共産党官僚の私財公開を要求しただけで、逃亡生活を
余儀なくされた、かの国の民主運動を担う若きエリート
顔 伯鈞 氏の2万キロにも及ぶ逃亡生活を綴った本です.

中国からミャンマー、香港チベット、タイにまたがり
隠れ家を転々とし、厳しい旅程をこなし逃亡生活を続けるも
どこまでも試練と追手は途切れることなく著者に安穏の
安全な場所はどこにもなかったのです.

民主運動と政治的弾圧というのが、実際にはどのようなものか
この国では、今一つぴんと来ませんが、今も苛烈な生活を
余儀なくされている数多の心ある人たちの姿が
この書に描かれています.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤毛の女医 アン [日記]





読み放題サービスで偶然見つけた作品で、タイトルの通り
女性医師が主人公です.これがまた面白くて3冊まである
シリーズを一気読みしてしまいました.

作者の福田隆浩氏は講談社児童文学新人賞をとられた方で
この作品も児童書というジャンルとなります.

はちゃめちゃで行動予測不能だけど、腕は確かという
不思議なアン先生の行動観察日記という感じでしょうか.

涙あり笑いありで医療の話も作家さんが勉強されているのが
わかります.最近涙もろくなった私は、思わずうるうる
してしまうページも何ヶ所からありました.

ちょっと危険な本ではありますが、お勧めです.

こんな本に出会える読み放題サービスってやはり最高です.

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スクランブル 尖閣の守護天使 [日記]





自衛隊F15パイロットの世界を描いたシリーズの一冊です.

あくまで小説の中での物語ですが、現実世界を彷彿とさせる
さまざまな障壁や問題点も書かれていて勉強になります.

私の住むエリアには、小牧基地や各務原基地があって
通勤の合間に、空を行く航空機をたまに目にするたびに
いろいろと考えることがあります.

中央と現場との意見の違いは、かの踊る大捜査線の名セリフ
「事件は会議室で起こっているんじゃない、現場で起きてるんだ」を
思い出しますが、もしこの作品で書かれているような
シチュエーションが現実になったろ思うとぞっとします.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉 [日記]





万能鑑定士Qこと凜田莉子の事件簿もついに最終巻です.

水平思考、論理的思考その二つを統合するクリティカルシンキング.
人の死なないミステリーでありながら、ミステリーの本質が詰まった
このシリーズは最初から全部読破してきました.

この前の「探偵の鑑定」で新たな道を歩み出した主人公の凜田莉子と
小笠原君との関係もこの本で最終結末を迎えます.

うれしいような、ほっとするような、この先が読めないのが
ちょっと寂しいような感じです.

アニメNARUTOのように、続編が綴られることを
ちょっと期待しています.

しばらくは水鏡瑞希さんに集中します.

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヴァイオリン職人の探求と推理 [日記]





Kindleの読み放題サービスで良かったと思うのは
その自由度と相まって、いろいろなジャンルや色々な作家に
触れる機会が増えたことです.

今回、手にしたのはヴァイオリン職人が主人公のミステリーです.
もちろん伝説のヴァイオリンの名器ストラディヴァリウスが
ミステリーのキーワードとなります.

翻訳物で、あまり知識のないヴァイオリン職人の世界を舞台にした
作品として、ミステリーの味わいだけでなく、ヴァイオリンという
楽器についての歴史や知識が身に付きます.

主人公の老ヴァイオリン職人の、折りに触れてつぶやく言葉も
味わい深く、長く寝かしたワインを嗜むようです.

ヴァイオリン四重奏を聴きながら、ゆったりと楽しめる贅沢な逸品です.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Kindle unlimited [日記]

いろいろな所で読み放題サービスが始まっていますが
私は先日よりアマゾンのKindle unlimited読み放題サービスを
利用始めていました.

もちろん新刊本はあれなのですが、これまで読みたいなーと
思ってスルーしてきた作品も多く収められており
書籍代をあまり気にせず、まさに読み放題三昧です.

読み放題サービスが普及することで、初めて電子書籍の良さが
生きると思いますね.なんといっても場所を取らないし
すぐに読めるし、読み放題なら途中で嫌になっても大丈夫だし.

確実に読書量が 倍増しました.
仕事とこれで、ブログ書く暇がないくらいです(笑)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

情報参謀 [日記]


情報参謀 (講談社現代新書)

情報参謀 (講談社現代新書)




2009年の下野から、再度政権を奪還するまでの
自民党の4年間の軌跡を情報分析という観点から
書かれた本です.

1461日間、政治情勢分析会議のメンバーとして
テレビマスコミ、ネットのメタデータ分析を用いた
情報戦略を駆使した「情報参謀」としての仕事の内容とは
一体どんなものなのか.

従来の手法だけでなくツイッターやニコニコ動画などの
新しいチャネルを積極的に取り入れていった経過も描かれてます.

究極の情報発信とリスクマネージメントの実例として
とても参考になり内容は刺激的です.

今回の東京都知事選でも、こうした情報参謀の方々が
活躍されたはずで、そうした内実もいずれ書として
出版されることを期待してます.

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

渡部昇一先生の日本人論 [日記]





渡部昇一先生の「知的生活の方法」と言えば
我々世代には必須の書物であり、知性を多いに
鍛えてもらったものです.

その渡部先生がかかれた「日本人論」が面白くない
わけがありません.あっという間に読了しました.

三島由紀夫の話、元寇、承久の乱等々
渡部先生の説かれる歴史の新たな観点に目からうろこです.

今、この状況にあって日本人であることの意味を
この書を読むことによって自信を持って知ることが出来ます.
そして読み終わった後に、本当に元気になれる本です.

自分の家族にも友人にも絶対に勧めたい本です.

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スペシャルPCI セッション [学会、研究会、研修]

2016年7月30日(土曜日)は
東海大学の吉町先生にお越しいただき
PCI治療をお願いしました.

近隣からは安城厚生病院の植村先生、さらには関東から
宇野先生にもお手伝いに来ていただきました.

スペシャリストが快く遠くまで治療に来ていただける
その心意気と行動力に感謝です.

IMG_0979.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -